いらっしゃいませ、三ツ木園です。

昨日tomo様からご質問をお受けいたしました、魔法の3滴茶の淹れ方をご紹介いたします。魔法の3滴茶というのは、玉露のことです。


?玉露は、湯量・湯温・茶葉の量と時間を心得ることで、おいしさ を2倍楽しめます。ゆったりとした時間を大切に、癒しの空間を お楽しみください。

0




?湯呑みの8分目の量まで沸騰した湯を少し落ち着かせて淹れ、茶 器を温めます。湯温は、90度→80度くらいに下がります。
 1回容器を移すことで7〜10度の湯温が下がります。

1




?湯呑みの湯を湯冷ましに注ぎます。
 湯温は、80度→70度位に下がります。

2




?湯冷ましの湯を宝瓶に注ぎます。(湯温:70度→60度)

3




?宝瓶の湯を湯冷ましに注ぎます。(湯温:60度→50度)
 湯温は人肌程度、45〜50度くらいにします。

4




?宝瓶に茶葉8g(3人分)程度山型に入れます。

5




?湯温が人肌ほどに(湯気が見えるか見えないか程度に)冷めたこ とを確かめ、茶葉がひたるくらいの分量のお湯を宝瓶にゆっくり と円を描くように湯を注ぎます。

6




?蓋をして2分ほど心を落ち着かせて、ゆったりと待ちます。

7




?宝瓶の蓋を右手の人差し指で軽く押さえながら、お湯が残らない ように、湯呑みに均等になるよう少しずつ滴をたらすように、注 いでいきます。
 このとき産毛のような黄金色のきれいな滴がみられます。

 この滴が、魔法の3滴 です。玉露の旨味が凝縮された、非常に密度の濃い、舌にいつま でも残る味なのです。

8

※写真の湯量は、少々多すぎてしまいました。数滴です。


?お茶の香りを確かめ、水滴のしずくをいただきます。とろりとし
 た甘さと玉露のふくよかな味わいが楽しめます。
 凝縮された滴は、テアニンの成分を多く含み、特に健康維持、リ ラックス効果が非常に高いです。
 2煎目、3煎目も同じようにお召し上がり下さい。
 また、湯温を調節することで、玉露の味をより深く楽しむことが できます。

 ・1煎目はテアニン(アミノ酸)の甘み成分を多く抽出するため45度くらいで淹れます。

 ・2煎目は、カテキンの渋味成分を多く抽出するため、60度くらいで淹れます。

 ・3煎茶は、カフェインの苦みの成分を多く抽出するため、80度くらいで淹れます。

9




?茶葉の出し殻は、佃煮にしたり、直接酢醤油(ぽん酢)をかけた りして召し上がることもできます。

10



 今日ご紹介した、茶器は、煎茶にも玉露に両用できるものです。
明日は、玉露茶碗を紹介します。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM