メールピンクこんにちは。匠乃秘伝茶からのお便りです。メールピンク

 前回の続きですが、平成16〜18年の3年間の平均の茶の購入量・購入金額を都市別でみますと(総務省「家計調査年報」の統計による)、お茶をあまり飲んでいない都市は、どこであると思いますか?


 おはなお茶の購入量・購入金額の少ないトップ3は、下記の通りです。

           購入金額      購入量
  高松市     3,413円    594g
  那覇市     1,786円    520g
  高知市     1,601円    456g




 おはなまた、お茶の購入量はそれほど多くないのですが、購入金額が多い都市は、どこであると思いますか?
 それは・・・

           購入金額      購入量
 鹿児島市です。  7,328円    921g

 お茶どころなので、良いお茶を飲んでいるのでしょうか。

   

 おはな参考までに、購入量が多いのに、購入金額が比較的少ない都市は、下記の通りです。

         購入金額       購入量
 津 市     4,775円    1,448g
 大阪市     3,770円    1,395g

 大阪は、お茶の値段もシビアに選らんで飲まれているのでしょうかね。


 このようにみますと、お茶を買う量と金額は、地域によって差があり、連動していないようです。   


 






Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM